読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代からの貧乏ながら気楽な人生

ミドルの視点から見たさまざまな問題やネタを綴ります。

Sponsored Link

最近の50代ってどうよっていう話


Sponsored Link

■使いにくいだろうなぁと思う55歳
50代と聞くと、やっぱりけっこうじじいだよね。まあ、それは認めます。でも、サザエさん一家の波平さんって54歳くらいだったよね。俺は55歳だから、彼よりも年上なわけだけど、どうもあんな感じじゃないと思えたりするんだよね。

たとえば、ジム(公共施設ね)に通ってトレーニングをしているし、たまに泳いでるし、髪の毛ちゃんとあるし、盆栽はやらないし。ま、波平さんって昭和の時代の50代だから、ちょっと違うのはわかる。確かに体力や知力、忍耐力に衰えは感じるし、立ち上がる際に「いててて」なんてなることはあるけど、まだまだ働けるとは思う。社会には貢献できると思うわけです。

でも、その一方で雇用する側からすれば、嫌われるのも十分に理解できる。

50代といえば、人生後半であり、昼間でいえば午後3時のおやつの時間的なポジションにある。半世紀も生きているわけだから、考え方や生き方、習慣などもかたまってしまっていて、おいそれとそれを変えることはできないはずだ。それに、たとえば管理者が30代だとしたら、50代の新人を使うのって、大変だと思う。だから雇用側が50代を採用したくないのは、十分に理解できるわけです。

 

f:id:freedomlife:20150315221029j:plain


■50代の雇用を増やすにはシステムの変更が不可欠
さて、じゃあまだまだ働ける50代が、自由に仕事を選ぶことができる環境って、どうやったら作り出すことができるかって話だけど、これ、民間企業の努力ではどうにもならないと思うんだよね。つまり、政府がなんらかの対策を講じなければならないと思うわけです。最近では、業界によっては大幅な人材不足が問題になっているようだけど、政府はこれを見越して、海外からの労働力を積極的に活用しようとしていたりする。

でも、ちょっと待てってよ。俺たちのこともうまくつかうシステムを考えようよ。
と、思ったりするわけです。
「じじいのことなんか、気にしていられるかよ」
と、若い世代は思われるかもしれない。でも、今、50代以降の雇用を確保するための整備をしておかなければ、その問題は自分にふりかかることになる。

「俺は失業なんかしねえよ」と、そう思われるだろう。でも、多くの人が若い頃にそう考えていて、結局悲惨な50代を迎えている。突然のアクシデントで失業するリスクは誰にでもあるものだ。そして、一度失業をすると、たぶんはそれまでのライフスタイルを維持することはできない。

だから、ご自分の将来のためにも、そして日本のGNPを効果的に引き上げていくためにも、まだまだ働くことのできる労働力を活用するシステムを、考えていく必要があろうかと思ったりするわけです。

実際、50代以降の労働力をうまく活用すれば、日本経済はもう少し、踏ん張り続けることができると思う。まあ、それでも高卒でさしたる仕事もできない俺には、仕事はあんまりまわってこないよーな気はするわけだけどね。

【以下の記事も読まれています】

二日働いたら二日休む程度が理想的なミドルのお仕事

若返り技術は本当に具現化するのかを考える55歳

おっさんになってもジムへ通う必要性

 




■ブログランキングの以下のカテゴリに参加中です。応援して下さいね。


 さてさて、今日の本ブログのランキングは・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへにほんブログ村