読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代からの貧乏ながら気楽な人生

ミドルの視点から見たさまざまな問題やネタを綴ります。

Sponsored Link

何もしない管理職が高い給与をもらう若者の不満


Sponsored Link

■若い世代が不満に思うミドル世代
最近、20代から30代の世代が抱える不満をよく耳にする。40代50代の人間がまったく使えないのにもかかわらず、高い給与をもらうことに不安を持っているという。自分が一生懸命仕事して会社に利益をもたらしている一方で、実践では何も利益をもたらしていないおっさんが、自分よりかなり高額な給与をもらうというのが納得いかないというわけだ。まあこれ、おっさんの側の俺から見ても分かる気がする。

俺はまともな仕事についていないので、安定した給料はもらっていないから、あれこれといわれる筋合いはないわけだが、でも、オフィスで新聞を読んでいるだけで、高い給料をもらっている人間を見れば「そりゃ腹も立つよな」と思えたりする。

そこで、そんな不満を抱える若い世代に提案だが、より多くの人々を巻き込んで、働かない人間、稼げない人間を排除するための法整備を進める運動をされてはいかがだろうか。社会的な構造を変えるわけだから、簡単にはいかないかもしれないけど、でも、20年くらいあればきっと社会を変えることができるに違いない。

その時になれば、きっと合法的に40代50代の人間の給与を下げることができるし、実践でお金を稼がなければいくらでも首にできる社会を作り出すことができることだろう。簡単に40代、50代のおっさんなんか排除できる。いよいよ若い世代のみで、利益を配分することができるわけだ。

そう。中年になったあなたは、若者によって合法的に職を奪われるわけです。

 

f:id:freedomlife:20150315222732j:plain


■実は他人事ではないミドル世代の問題
・・・と、ちょっとうがった書き方をしたが、こう書くと若者は思うはずだ。
「俺は50代になってもバリバリと働く。今の上司なんかよりも。だから問題はない」
とね。

でもあなたたちは知らないはずだ。50代になると、精神的体力的にどの程度の衰えがやってくるかを。また、それ以前、40代のはじめにおいて、大きな転機が訪れ、大病を経験することもあることを。なかには、40代を越えることができず、死に至る人もいる。とくにバリバリと働く人間はね。

ちなみに、おっさんが楊枝をつかってシーハーと、食後にやったりするのを見ることがあると思う。あれ、なんでたと思う? あんな不快な行動をなんでとるんだろうとは思わないだろうか。また、じいさんになると、老眼鏡を鼻の上にのっけたりするよね。字が老眼で見えにくくなるのはわかるけど、でもなんであんな変なかけ方をするのか、ご理解いただけるだろうか。

これらは、自分がなってみないとあまり考えないことだ。でも、確実に誰もが年齢を重ねていく。そして現在若い世代の人たちも、すぐにおっさんとなりじいさんとなる。そしてその時には、確実に現在より思考力も体力も、そして忍耐力も衰える。「自分は違う」なんてことはないんだ。

■意外に早くやってくるミドル世代
で、その頃になると、部下があなたを見て不満を持つことだろう。
「あの課長、偉そうに指示するけど、実際に稼ぐのは俺達じゃんよ。でも、給与は俺たちよりも高いってどういうことだよ」ってね。でも、高い給料をもらっているからと、あなたは豊かな日々を送れるだろうか。

答えはNOだ。

無理をして購入した住宅ローンの返済や、車のローンなどでボーナスは消えてなくなる。また、子供が高校や大学に通う頃だから、学費もかかる。家から通えない大学に入れば、寮費や生活費を毎月送らなければならない。これってかなり辛いし、生活に余裕なんて訪れることはない。

俺がおっさんだから同世代を擁護するわけではないが、「あんまりいじめなさんな」といいたい。なぜなら、その攻撃はすぐに自分へと返るものだからだ。

会社には、さまざまな業務がある。確かに最前線で働く人々はとても大変だが、そもそも会社が安定して仕事を受注できるようになるまでには、あなたよりも前の世代の功績や業績が大きく関与しているはずだ。そしてその人々の努力がなければ、現在の仕事が発生していないこともある。会社を維持し、発展させた人間の存在がなければ、次の世代を雇用することができない。つまり、あなたに仕事がなかったかもしれないわけだ。

それは、あなたの未来にも同様に発生しうる事象だ。あなたの頑張りがなければ会社は存続できない。しかし、あなたの努力によって成長した会社において、新たに雇用され、最前線で利益を生み出すのは、あなたではなく、次の世代の若者であることが少なくないわけだ。

何もしないで給与をもらうってのは俺もひどい話だと思う。でも、その人たちの過去の実績も加味しなければならいことは、理解しておく必要がありそうだ。ご自分のためにもね。と、偉そうなことを書いたが、そんな俺は、55歳になっても末端の仕事すら得られずにほぼプー太郎なわけなんだけれども。

【以下の記事も読まれています】

底辺の負け組弱者にとって現在の政治はどうなんだろう

55歳のおっさんの趣味ってなによ?の答

ミドル以降の投機は絶対にダメねという話

 




■ブログランキングの以下のカテゴリに参加中です。応援して下さいね。


 さてさて、今日の本ブログのランキングは・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへにほんブログ村