読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代からの貧乏ながら気楽な人生

ミドルの視点から見たさまざまな問題やネタを綴ります。

Sponsored Link

底辺の負け組弱者にとって現在の政治はどうなんだろう


Sponsored Link

■政府の舵取りがおかしな事に
俺みたいな55歳高卒が底辺をはっているのは、当然なのでおかしな話ではないが、その分、優秀なエリートさんには、しっかりと日本の舵取りをしていただきたいと切に思ったりする。

ところが、どう考えてみても、最近の政治は間違った方向へ舵取りをしているように思えてならない。まあ、おバカさんの俺だから、読みきれないことも少なくはないんだろうけど、それにしても、現在のお偉い方々は、なぜ日本国民よりも、海外の投資家に優しいのかがよく分からない。株が上がって喜ぶのは、日本市場の売買比率が日本人よりも高い外人投資家だろうと思ったりする。

一方で、弱者は株式投資なんかできない。そんなカネはないからだ。つまり、株価なんて関係がない。また、株価の上昇は、ストレートに消費には回らない。消費に回らなければ、カネの円滑な循環を促進することにはならないだろうから、本質的なデフレの脱却は難しいはずだ。最近では物価が上昇しつつあるが、この値上がり分は、円安、つまり為替変動によるものだから、物価が上がったからといって、その値上がり分が給料などに転化されるわけではない。

つまり、物価は上がるが、給与は上がらない。給与が上がったとしても、物価上昇には追いつけないといった現象を招くリスクが生じるはずである。そしてこのスパイラルに陥れば、実質所得は今後も右肩下がりとなり、日本人はもっと貧乏になってしまう。

この程度の風が吹けば桶屋が儲かる的な相関関係は、高卒、しかも高校もまともにいかなかった俺でも容易に考えることができる。

f:id:freedomlife:20150322140545j:plain


■国のリーダーが正しい道を選択しない訳とは
で、あるならば、なんでエリートのお偉い方々は、改善策を打とうとしないのだろう。その要因として、いくつかの可能性を想定することはできる。

まず第一に、知っているけど国民を助ける気がないので、改善しないということ。つまり政治が日本市場を見ていないという可能性だ。日本を見ずにどこを見るのかと思われるかもしれないが、米国などを向いている可能性は考えられないだろうか。

そして第二。これは日本を豊かにしたいと考えているが、政治家が周辺の識者に騙されているという可能性。「なんで識者が政治かを騙すんだよ」とも思うが、識者に何らかの利権が存在するとしたなら、そんな発言は十分に考えられるのではないか。

そして第三。真剣に日本のことを考えているのに、方法をみんなで見誤っているという可能性。これも十分に考えられる。経済が上向くかという究極のタイミングで、その盛り上がりに水をさす消費税導入を例にしてみても、この可能性は否めない。しかも、消費税による経済の衰退を、いまだに認めようとしていなかったりするのも、なかなかあやしき事実だ。

さて、どれなんだろうか。頭の悪い俺には、この答えは導き出すことはできない。でも、周囲の生活は確実に苦しくなっている。つまりそれが政策の結果である。

昨今、大手企業の一部では、ベアアップの明るいニュースもあるようだ。確かにこれは良い傾向ではある。ところが、日本国民の70%以上は中小零細企業に勤務するか、もしくは非正規労働者である。また、トリクルダウンが具現化しない以上、これは格差拡大の証であるともいえそうである。

この辺をもっとしっかりと考えていただきたいと思ったりする。まあ、俺の場合はプー太郎による困窮なので、ちょっと事情は異なるけどね。

【以下の記事も読まれています】

55歳のおっさんが考える「最近の若いもんは」

「死んだらどうなるんだよ」の疑問に答えてみる

生活費を徹底して削減する取り組み

 




■ブログランキングの以下のカテゴリに参加中です。応援して下さいね。


 さてさて、今日の本ブログのランキングは・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへにほんブログ村