読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代からの貧乏ながら気楽な人生

ミドルの視点から見たさまざまな問題やネタを綴ります。

Sponsored Link

経済的自由を手に入れる簡単な方法とは


Sponsored Link

■必死に働いていながら不自由な人に

「経済的自由を手に入れる」などというと「貧乏人のお前が何をいう」と即刻突っ込みを受けそうである。ちなみに、あなたは経済的自由を手に入れたいと思われるだろうか。もしそう思われるのであれば、以降を読み進めていただきたい。必ず経済的自由は手には入ることだろう。

実はこのネタは、過去にも各所でふれてきている。よって本ブログをお読みの方からすれば、重複したネタになるかもしれない。しかし先日、必死に働いて高額所得を得ながらも、悲惨な生活を続けている方とお話をしていて、再びこのネタに言及する必要性を感じた次第である。

f:id:freedomlife:20170512141859j:plain

 

■経済的自由を得るための方法として考えられること

さて、経済的自由を手に入れるための方法として、まずはご自身でちょっと考えてみていただきたい。どのようにすれば経済的自由を手に入れることができるだろうか。
「金に苦労しないようになるためには、極限まで収入を上げるしかないだろう」
ご名答である。では、極限まで収入を上げるためには、どうしたら良いと思われるだろうか。
「そんなの知らないよ。それができないから苦労してるんじゃん」
多分はそんな論理的展開において壁にぶち当たり、結果的にあなたはお金に苦労する人生を送ってきたし、今後も多分はお金に苦労しながら生きていくことになる。

■年収が高くなったとしても呪縛からは解放されない

実は、経済的自由を手に入れるために収入額はまったく関係がない。多くの人はこの事に気づかないでいるために生涯にわたってお金に苦労する。

たとえば、あなたは望み通り年収1千万円以上の収入を得る立場になったとする。あなたはタワーマンションに引っ越すかもしれないし、洒落た家具をそろえたり、超大型のテレビを購入したりするかもしれない。外車にでも乗ってみようかと思われるかもしれない。まさに夢のような生活である。

さて、あなたは経済的自由を手に入れただろうか。答はNOである。あなたは収入が上昇した分、支出を拡大させる。収入が上がれば、その収入域にいる人々とのつきあいも必要となるのでそのライフスタイルに合わせようとする。そもそも収入を上げるのは、よりリッチなライフスタイルを手に入れるためであることが多い。

つまり消費を拡大するために、あなたは収入を上げたにすぎず、しっかりとした意識を持たなければ右から左にお金が流れる。結果として毎月の固定費が増大し、そして自由に使えるお金はないという悪循環に陥るものなのだ。

ちなみに年収250万円で年間総支出200万円の人と、年収1500万円で年間総支出2千万円の人がいたとする。一見してみれば豊かなのは後者である。ところが生活が困窮するのもまた後者という事になる。年収を超えた支出があるわけだから当然のことであり、考えてみれば実に簡単なことだ。しかし多くの人がこの落とし穴にはまる。

「いやいや、収入以上の金なんか使えないだろう」とそう思われるだろうか。ところが、そう思われた方の多くが見事に年収以上のお金を使う。この落とし穴がローンである。ローンを使えば、お金が無くても高額のものを買うことができる。しかし翌月からは金利が乗った返済義務を負う。結果、あなたは資本主義の歯車と化し、自転車操業的に働いては借金を返す生涯を送ることになるのだ。

■年収を上げることよりも支出を下げることに注視する

経済的自由を手に入れるためには、収入を上げることを考えるのではなく、支出を抑えることを考えるべきである。つまり月々の収入が支出+貯蓄額とイコールとなる生活をすることである。本ブログの各所でふれてきているが、これを実現するためには「節約」では力不足となる。

これまでの生活を抜本的に見直し、まずは固定費を見直すことである。無駄なサービスをやめ、なるべく家賃の安いところに移り住む。また、日々の小さな支出を生きていくために不可欠なもの以外ゼロとする。昨今、家電などは友人宅にあまっていたり、リサイクルショップで格安で手に入れることもできる。外食やコンビニ弁当を自炊に変更すれば、1食あたり100円から200円でも十分に健康的な食生活を送ることができる。

そもそも日本は、インフラが整備されているので、生活環境を見直すことで数万円程度のコストで十分に生活をすることができる。つまりお金をかけずしても十分に生活をすることができる環境下にあるのだ。この幸運な環境を有効活用しない手はない。

f:id:freedomlife:20170512142052j:plain

■豊かになることは消費を拡大させるのみにあらず

「そんな生活では何も買えないじゃないか」
何かを買わなければ、つまりお金を使わなければ幸せを得ることができないと考えている人は、資本主義社会において多数派に属する。ところがこれは幻想である。

仮に年収300万円のあなたの年間総支出150万円の生活環境を構築することに成功したとする。すると1年で半年生きるだけの資金を持つことになる。10年で5年、20年で10年間の時間を手に入れることができる。

無駄な消費は抑えるものの、十分な資金が積みあがる。仕事を辞めたとしても、しばらく温泉でのんびりと考える時間があなたにはある。また、どうしても必要だと思う物であれば、それを即日手にすることさえできるはずである。

支出を最小限に抑える環境が手には入れば、それを維持できる収入があれば良いことにもなる。あくせくと働く必要はないし、職を失ったらどうしようと悩むこともない。得意先や上司からの理不尽な要求を受ける必要もない。今までの何倍もの自由な時間を得ることができるし、その時間を使って旅をすることもできる。人生を豊かに過ごすのは、消費を拡大させることのみではないのだ。

 




■ブログランキングの以下のカテゴリに参加中です。応援して下さいね。


 さてさて、今日の本ブログのランキングは・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへにほんブログ村