読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代からの貧乏ながら気楽な人生

ミドルの視点から見たさまざまな問題やネタを綴ります。

Sponsored Link

定年後に生き甲斐がなくなり毎日が暇だというあなたが今日からすべき事


Sponsored Link

■もし定年後の生活が暇でつまらないというのであれば

俺からすればうらやましい方々だが、定年後に暇で仕方ないという人もいるものである。諸先輩方々のうちのおひとりであるあなたも、もしかしたら定年を迎えられた後、やることがなくて日々時間を持て余してはいらっしゃらないだろうか。

「確かに定年後は暇になった。生き甲斐も失い毎日がツマらない」

もしそう思われるのであれば、今回の記事をお読みいただきたい。人により向き不向きもあるだろうが、もし書籍や新聞に目を通すことが負担でないのであれば、格好の暇つぶし策が存在する。また、もしかしたら、ちょっとした小遣い稼ぎになるかもしれない。いかがだろうか。ちょっと興味を引かれるのではないだろうか。・・・と期待を持たせておいて、ご自身の趣向と大きく異なる内容の場合、怒られてしまいそうなので、まずは結論から。

もしお暇であるのなら、今後、情報発信者側に回ってみるお気持ちはないだろうか。暇でやることがないとおっしゃる方の多くは、情報を受ける側であり発信側の立場にいらっしゃらない場合が多い。そこで情報発信側に回ってみることを、ここではお勧めしたいのだ。

「情報発信側に回るって、何をすればいいの?」

現在はインターネットの存在があるので、情報発信側に回るのは容易だ。たとえば、ブログ作成をしてそこに記事を投入するだけで、情報発信者という事になる。

「いやいや、私は文章を書くのが苦手で・・・」

個人のブログにおいては、文章の旨い下手はまったく問題はない。文章能力がなかったとしても、人を引きつけるブログは数多く存在する。また、日々発信を続けているうちに、文章は自然と早く書くことができるようになるものである。なお、ブログ作成においては、実はちょっとしたコツがいくつか存在する。これについては、今回この記事でご紹介するので、それを参考としていただければと思う。

f:id:freedomlife:20161005074149j:plain

■情報発信者になるための環境をあなたはすでに持たれている

今この記事をご覧になられているシニアの方のおおよそ70%の方は、これをPC環境でお読みいただいている。つまり、ご自宅にネット接続環境と、PCをお持ちのはずである。よってブログによる情報発信者には、今日からでもなることができる。

また、もし仮に経済的余裕がおありなら、出先においても執筆が可能な環境を得るために、モバイルルーターや持ち運びができるノートPCなどをご用意されると良い。ちなみにモバイルルーターとは、持ち運びが可能なインターネット接続デバイスであり、格安SIMカードなどを挿入することで利用可能となる。モバイルルーター自体は1万円前後で購入することができるし、NTTの光回線を活用されているのであれば、月300円で借りることも可能だ。

ただし、出先でインターネット環境を実現するためには、別途格安SIMサービスを活用する必要があり、月1000円程度からのコストがかかる。

ノートPCは、スペックにこだわることはないものの、比較的軽量であり、バッテリー駆動が長めのものが良い。できれば8時間以上駆動できるものが望ましい。これさえあれば、あなたはカフェで執筆活動を行うことも可能となるし、旅先でブログを更新することもできるようになる。

■まず最初に習得したいブラインドタッチ技術

さて、とりあえず環境は揃った。これで執筆活動が可能となるわけだが、その前に、キーボードの扱いがどの程度できるかを確認させていただきたい。仮に一本指でキーボードをたたいていらっしゃるのなら、まずはブラインドタッチを覚えていただきたい。

ブラインドタッチとは、キーボードを見ることなくキー入力を行う手法であり、タッチタイピングともいう。若者が猛烈な速度でキーボードをたたいている場面に遭遇したことはないだろうか。

「会社で部下が文書作成をする際にやっていたあれか?」
その通り。
「いやいや、あんな真似、私には到底できるはずがない」

と、あなたはそう思われるかもしれない。しかし実は、ブラインドタッチの習得は案外簡単であり、毎日1時間程度の練習でも、1ヶ月もあれば十分に習得することができるものである。なお、ブラインドタッチの練習には、専用の無料サイトがいくつも存在するので検索して利用すると良い。また、ブラインドタッチの無料ソフトなども、インターネット上に数多く存在するので、インストールして使われてみるとよいだろう。

毎日継続して行うことで、一ヶ月後、キーボードを見ることなく、軽快に執筆を行うことができるようになる。お時間があるのなら、ノートPCを持ち出してカフェにでも行き、練習をされることをお勧めしたい。

慣れてくると、ちょっとした注目を浴びるかもしれないし、そもそもこれだけでもかなりの時間をつぶすことができるはずである。大丈夫。必ずあなたにもできる。

f:id:freedomlife:20161005074335j:plain

■ブログサービスを活用し情報発信者となる

ここまでで情報発信側に立つための準備は完了である。いよいよ情報発信側に立つことにする。ブログを開設するわけである。

なお、ブログを作成するのに最も容易なのは、ブログサービスを活用することである。ブログサービスには、多くの企業が参入しているので、無料でいくつでも開設することができる。

ただし無料ブログの場合、サービス提供企業は、あなたが作成したブログに広告を貼ることで収益を上げている。よって無料ブログの場合は、意図しない広告が貼り付くことになるのであらかじめ注意が必要となる。また、無料ブログの場合、突然サービスが停止されてしまったり、書いた記事が消去されるなどのリスクもある。もし企業の広告が気になったり、これらのリスクを被りたくないのであれば、ふたつの方法がある。

まずは、有料ブログサービスでブログを開設する方法だ。これであれば、多くの場合、企業側の広告は貼り付かない。また、有料とはいえ、月1000円程度も払えば、複数のブログを持つことができるようになる。

もう一つの方法は、レンタルサーバーを借りるともに、独自のドメインを取得した上で、WordPressなどのCMS(content management system)を用いる方法がある。ただしこれは初心者には少々敷居が高くなるので、まずはブログサービスを用いるのがよいだろう。個人的には、有料ブログサービスをお勧めしたい。ちなみに今お読みいただいているこのサイトは、有料ブログサービスを活用している。

■ブログを作成する際に知っておくべき事とは

「ここまでの流れはわかった。でも、結局何を書いて良いのやら・・・」
と、このように思われるかもしれない。ここからは、ブログのオーナーとして情報を発信する上で必要となるコツについて少々ご理解を深めていただくことにしよう。

ブログでは、おおよそ何を書いても良いことになっている。アダルトコンテンツなどが禁止されていることもあるが、誹謗中傷や法律に抵触するようなコンテンツでなければ、どのようなネタであっても、問題なく書くことができる。しかしだからと、日々つれずれなるままにブログを書いていくのはあまりお勧めできない。

できれば、ひとつのブログでは、それなりに書くべき情報カテゴリを絞ることが望ましい。これは、読み手の側に立って考えてみればその理由を容易に理解することができる。

たとえばあなたが何らかの情報を漁る必要があるとする。検索サイトにキーワードを入力し、検索を掛けることで、あるブログにたどり着いたとしよう。そのブログに、あなたの知りたい系統の情報がつまっていたのなら、あなたはいろいろとそのブログ記事を読みたくなるはずである。一方で、検索したサイトに、興味のあるコンテンツがなければ、すぐにでもそのページから離れ、二度とそのサイトを訪れることはないだろう。

繰り返すが、ブログはある種の情報に限定したものであることが望ましい。とはいえ、今ご覧いただいているこのブログは、書きたいことを気ままに書いていたりする。
「それってちょっと矛盾じゃないの?」と思われるかもしれない。
しかしあれこれ書いているものの、実はミドルを対象としたネタを意識している。また、若者に向けた記事もあるが、これはミドルの経験をもとにしたモノであることが少なくない。これでも、ある程度は情報に気を使っている。

よって、たとえば時事ネタや、これまで歩まれてきた仕事について、投資について、旅についてなど、ブログによって情報発信をする情報のカテゴリーは、あらかじめ決めておきたいものである。また、複数の分野について発信したい場合には、複数のブログを運営すると良い。すると、あなたの個々のブログには、独自の色がつき始める。また、その情報を欲している読者が集まり始めることになる。

f:id:freedomlife:20161005074613j:plain

■ブログは開設当初はアクセスのない寂しい状態が続く

なお、初めてブログを開設する方に向けて、少々ブログのアクセス数について説明をしておきたい。ブログを始めると、そのブログをどのくらいの数の人々が見てくれるのかが気になるものである。ブログサービスにはアクセス解析機能が付加されており、どのくらいの人が参照してくれているかを確認することができるようになっている。また、Google Analyticsなどの専用の無料アクセス解析ツールを用いることで、さらに詳細なアクセス状況の把握も可能となる。

ちなみに本ブログは、開設から1年半くらいだが、現在毎日4桁程度のアクセスがある。ところが、ブログを開設してからの数ヶ月は、1日のアクセスが数回といった状況が続く。これは、ブログ記事が検索エンジンにインデックスされていなかったり、されていても検索順位が低すぎるためである。しかしこの順位は、ブログを度々更新していれば次第に上がってくるものである。

逆に考えるなら、ブログは開設から数ヶ月は、アクセスを呼ぶことができない。このことを念頭に、当初はブログを更新し続けることをお勧めしたい。増え始めると、アクセス数は急速に上昇する局面を迎えるので、それまでは気張ることなく、逆に凹むこともなく淡々と記事を更新し続けることをお勧めしたい。

■ブロガーとなられたあなたの日々のライフスタイルとは

ちなみにブログによる情報発信者をブロガーと呼んだりする。ここまでの段階において、あなたは立派なブロガーとなられた。おめでとうございます。

さて、早朝に目を覚まし、新聞などに目を通され、朝食をすませたのなら、バッグにノートPCやモバイルルーター、新聞や書籍などを入れてカフェへと向かう。カフェでは、お気に入りのブレンドコーヒーを飲みながら、ブログ原稿の執筆をする。

もし、ネタがないのであれば、新聞や書籍に目を通しながら、書くべき記事の内容を絞り込んでいく。この際に、ブラインドタッチを習得されているのであれば、あなたは軽快に原稿を書き進めることができるはずである。慣れれば文章作成能力は、確実に向上していく。

なお、少し深い内容の記事を書きたい場合には、事前にあれこれと情報をまとめる必要があるかもしれない。このような際には、図書館へと赴き、関連書籍を漁るのも良いだろう。執筆と調べ物に時間を費やしたのなら、午後からは広めの銭湯にでもいって、のんびりと風呂に浸かるのもよいかもしれない。

夜には記事をアップする。アクセスが増えると、読者からのメールやコメントが届いていたりするので、それに目を通したり、返事を書いたりする。これらをルーチンワークとするならば、あなたは決して暇に時間を過ごす必要はなくなるはずである。

f:id:freedomlife:20161005074827j:plain

■ブログによる情報発信が人生をも変えていく可能性

暇は持て余しているものの経済的には余裕があるリタイヤメント生活をされているのであれば、旅ブログを開設するとともに、全国を旅しながらその地の情報や宿泊場所、食べ物などを紹介する旅行記を書く余生というのはいかがだろうか。

このような場合には、ちょっとしたルールを自分で設定されると旅が面白くなる。たとえば、ブログの最終目的は、日本全土の全市を巡る旅にしようと決めたとする。これだけで、行かなければならない場所は800近くになる。日本には現在790もの市が存在するからである。あれこれと記事を書くのが面倒だという方には、市の市役所を自撮りした写真と簡単なコメントをアップするという設定だけでも全国の旅に目的ができて楽しくなる。

全国を巡る旅のネタについては応用がいくらでも利く。全国の城巡り、全国の古墳巡り、全国の湖巡り、フィールドを世界へと広げ、世界遺産巡りとしても面白い。ブログテーマと自分なりのルールを設定することで、余生はかなり刺激的でかつ生き甲斐のある輝いたものへと変貌するのではないだろうか。

f:id:freedomlife:20161005075746j:plain

■ブログによって追求することも可能となる収益性

ブログにある程度のアクセスを呼び込むことができるようになったなら、広告を貼ることで収入を得ることもできるようになる。これについては、ブログのアクセス数が増えるまでの間に、インターネットで調べることで知識を積み上げることをお勧めしたい。

広告からの収益は、アクセス数に影響されることが少なくないが、同時にモノを売るには、広告を貼る位置を考える必要もある。また、物販サイトを作成して高い収益を挙げるためには、それなりの知識やスキルも必要となる。これについては、ブログを更新しながら徐々に学べばよい。

なお、広告収入のみで豊かな生活を実現されている方もいる。簡単なことではないが、そんな可能性もあることを知っておいていただくことは、今後の生き甲斐を作り出す上でも無駄にはならないはずである。

■情報発信側に回ることで生き甲斐と豊かさを手にする

さて、今回はブログを通して情報発信側へと回ることで、有り余る時間を輝いたモノにするとともに、余生に生き甲斐を持たせる方法をご紹介した。

リタイアメントして、有り余る時間があるのはとても幸せなことである。しかしそんな生活を手にされた瞬間に、生き甲斐を失ってしまう方々を多く見てきた。待ちに待った老後生活であるはずなのに、仕事などせずに生活をすることができる余生なのにもかからず、生き甲斐を失ってしまうと、そこにあるのは空虚だけという事にもなりかねない。

もし、毎日がつまらないと感じられるのであれば、是非とも情報発信側へと回ることをお勧めしたい。情報発信側に回ることで、自分にさまざまなルールを設定することができるようになる。また、「あれを調べなければ」「あそこに行かなければ」といった軽度な義務を自らに設定することができるようになる。

そのルールには、仕事のような重い義務はないので、自分のやりたいことの延長にあるものを義務化することも可能となる。つまり、やりたいことをやりたいだけ、遂行することができるわけである。

いかがだろうか。ちょっと刺激的で楽しい日々を送れそうな気がしないだろうか。是非とも、今一度輝いた人生を取り戻していただきたく思う。きっと、いつまでもお元気で長生きをすることができるはずである。

 




■ブログランキングの以下のカテゴリに参加中です。応援して下さいね。


 さてさて、今日の本ブログのランキングは・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへにほんブログ村