50代からの貧乏ながら気楽な人生

ミドルの視点から見たさまざまな問題やネタを綴ります。

Sponsored Link

50代で貧乏なあなたが困窮生活から脱する方法・既婚者編


Sponsored Link

■貧乏ながら気楽な人生を送ろう

50代を迎えられてなおかつ、生活に困窮されている方も少なくないと聞く。いやいや、聞くも何も俺自身貧乏なわけだから、他人ごとではない。「50代にもなって、なんで私の生活はこれほどまでに苦しいんだろう」と、そんな嘆きの中で、日々の生活をされている方、いらっしゃるだろうか。

本ブログは「50代からの貧乏ながら気楽な人生」というタイトルを付けている。よって、貧乏であってもお気楽人生を送るというのがメインコンセプトである。

「困窮しているわけだから、気楽に生きれるはずがないだろう」と、そんな声も聞こえてきそうである。しかし実は、金がなくても困窮生活を脱することはできるものである。また、日々の生活に追われ、辛い仕事を歯を食いしばって続ける必要すらない。実はこれは実際にやってできないことではないのだ。そこで今回は「50代で貧乏なあなたが困窮生活から脱する方法」というお話をしてみたい。

なお、50代でも、既婚者もいらっしゃれば、単身者もいらっしゃるはずである。それぞれに困窮生活を脱する方法は微妙に異なる。そこでまず、今回は既婚者編からご紹介することにしよう。

f:id:freedomlife:20151230023416j:plain

■年収に関わらず存在する困窮生活者

50代。会社で真面目に働いていれば、給与もそこそこの額になっているかもしれない。子供もそろそろ独立をすることから、安泰状況を迎える頃でもある。そして「老後に備えて実質的な準備をしようか」と、そんな考えを持たれている方もいらっしゃることだろう。

ところが、50代でありながら生活に困窮されている方も決して少なくないものである。そしてこれは、実は年収に関係ない。

「まともな給与を得ていれば、生活に困窮することなどあろうはずがない」

と、そう思われるだろうか。いやいや、サラリーマンの平均年収のはるかに上回る方々にも、生活困窮者は実際に存在する。資本主義社会には実はそんな落とし穴は無数に存在する。誰かがその落とし穴にはまっても決しておかしい話ではない。

また、50代を迎えながらも様々なご事情により、まともな仕事にありつけず、日々働きながらも、年収が200万円前後という方もいらっしゃるはずである。つまり低所得者層に属する方々ということになるが、年収200万円の世帯が、平均的な暮らしをしようとすると、当然のことながら無理が生じる。生活が困窮するのは当然のことと言える。では、50代の生活困窮者が、困窮した生活から脱するには、どうすれば良いだろうか。

■困窮生活から脱するための意識改革

現状、50代でありながら、困窮した生活を余儀なくされている方が、その状態から脱するには、いくつかの方法がある。この方法のいずれかを実行するだけで、困窮度合いはかなり改善するだろうし、すべてを実行すれば、確実に困窮生活から脱することができるはずである。しかしその前にひとつ。意識改善をしていただく必要はありそうである。

それは消費社会に生きている現実と、その中で自然に植え付けられている消費動向の把握である。人は誰も豊かになりたいと考える。これは皆同様だろう。しかし一般に思う豊かとは、実はお金を使うことで手に入れることができるものである。

と、こう書くと至極当たり前のことのように思われることだろう。これは消費社会に惑わされているからこそ発生するものである。人は知らず知らずのうちにこれを刷り込まれている。よってお金を使うことができなければ、それはイコール豊かではないと、多くの人がそう思う。よって、豊かになるためには、お金が必要という流れになる。

ところが、「豊か」には、「満ち足りた状態」という意味があり、これはお金を指していないことも少なくない。たとえば才能が豊かという意味には、消費は関係がない。つまり、豊かになるためには、必ずお金が必要というわけではない。豊かな生活は、お金が関与するとは限らないわけである。

■消費社会から離脱する試み

「いやいや、困窮してるのは絶対にお金の不足が原因だ」
そう。しかしこれとて消費社会のインサイダーたるお悩みである。お金がないから欲しいものが手に入らないばかりでなく、そもそも不自由な生活を余儀なくされている。この原因はあくまでお金であり、この問題は大金でも手に入れれば一発で払拭することができると考える。ところが、そんなうまい話はないので、結果として困窮生活が果てしなく続くことになる。

つまり欲しいもの、必要なモノの多くがお金でしか手に入れることができないとの意識が根底に存在する。実際、日々生きていくうえでお金は不可欠である。ただし、何でもお金がなければ手に入れることができないかというと、そんなことはない。また、今考えているよりもずっと少ないお金さえあれば、実はその多くが手に入るとしたらどうだろうか。

たとえば、最上級の刺身料理に舌鼓をしたいと考える。そこで高級割烹へと出かけていって刺身を食べたとする。きっととても旨いことだろう。しかし、海釣りで手にした魚を、その場でさばいて食べれば、高級割烹よりも新鮮な魚にありつけるし、そもそも大枚をはたく必要はない。

また、外出時に喉が渇いたとしよう。すると販売機が目に留まる。夏であれば炭酸飲料、冬であれば暖かいコーヒーを150円も出せばその場で手に入れることができる。しかしスーパーへ行けば、同様のものを90円で手に入れることができたりする。また、そもそもポットに氷水や暖かいコーヒーを入れておけば、その90円さえ支払う必要はない。

このように、お金の代わりに手間をかけることで、同等のものを手に入れることは可能となる。しっかりと考えると、案外あちこちに同様の事象は転がっている。消費社会では、利便性の創出が利益につながる。逆を言えば、利便性にはお金がかかるということである。

お金がないのであれば、お金をかけなければ手に入れることができないものから遠ざかればよい。そんな発想を積極的に持つことができるようになれば、「節約」という言葉を超え、少ないお金でも、十分に満ち足りた生活を送ることができるようになる。これを日常的にしっかりと考えていけば、そしてそれを続けることができれば、今の支出を数分の1程度に抑えることが可能であることを、まずはご理解いただきたい。

■実質的な困窮生活脱出策

とはいえ、生活にはお金がかかる。やはりお金はないよりあった方が良いだろう。そこで次は収入を増やすことを考えていきたい。ところがこれについては、苦慮される方が多いかと思う。消費社会において、簡単に収入を増やすことができれば、困窮生活を送る人間は皆無となるはずだからだ。

しかし実は、収入を増やすこともさほど難しくはない。もし、現在毎月お金が足りない状態が続いているのであれば、仕事を増やすという手がある。生活に困っているのなら、空いた時間をアルバイトに費やすことで、収入は自ずと増えていく。いわゆるダブルワークである。

「おいおい。もう50代なんだぜ。身体が持たないよ」

確かにそうだ。これは俺自身痛感するが、50代は踏ん張りがきかない。しかし今回は、既婚者編なので、あなたには家族がいる。そこで緊急家族円卓会議を開催していただきたい。家族一丸となって、困窮生活から脱するための話し合いを設けるのだ。そして、どこぞの政党の掲げるあの構想のパクリ政策を断行する。その名もずばり「家族総活躍構想」である。

家族がいるというのは、つまりは多くの働き手がいるということに他ならない。そこで、お父さんお母さん、お兄ちゃんお姉ちゃん。全員で困窮生活から脱するために勤労をすることを決意していただく。

たとえば現在お父さんの年収が250万円で、4人家族の生活が困窮しているとする。そこでお母さんに年100万円、お兄ちゃんお姉ちゃんにそれぞれ年50万円で計100万円稼いでもらう。これらは家族収入としてまとめ、そして生活に充てるようにする。すると、家族の年収合計は450万円となり、サラリーマンの平均所得額を上回ることになる。

コツは、これらの収入を一旦家族収入として集めたうえで、生活費やそれぞれの費用、お小遣いなどをオープンにしつつ分類していくことだ。すると、家族に一体感もうまれるし、高校生や大学生の子供が経済観念を養うための場ともなる。

また、同時に先の意識改革も、家族全員で進めていただきたい。すると、週末のレジャーがショッピンといった習慣はなくなる。支出は大幅に削減されるはずである。収入が大幅に上がる一方で、支出が大幅に減るわけだから、困窮生活からは、ほぼ確実に脱出することができる。

f:id:freedomlife:20151230024132j:plain

■真の豊かな生活を手にしよう

いかがだろうか。手に入れることができないものを追いかけていても、生活は変わらない。ところが、今できることに着手することで、変化を実感することができるようになる。意識改革を進める上で、捨てなければならないものも多々できることだろう。しかしその多くは、消費社会が生み出した無意味なものであることが少なくない。実際捨ててみると、意外にも気持ちが晴れやかになり、新たな世界が見え始めることさえある。

なお、現在は困窮していないものの、今後が不安という方も、これらの策はとても有効な防衛手段となる。

また、防衛手段として付け加えるものがひとつある。それは、借金をしないことだ。借金には、お金を支払うことなく物を先に手にすることができる利便性がある。しかし、その一方で、その後の長い生活を、返済義務と高い金利負担を背負っていく必要がある。儲かるのは販売業者や金融機関であり、あなたの生活は非常に窮屈なものとなることだろう。これらを断行すれば、50代のあなたの生活は目に見えて明るいものになっていくはずである。

人生は一度きりしかないともいわれる。辛い日々に頭を抱え続けるのであれば、是非ともそんな生活から脱していただきたいと思う。ちょっとした勇気は必要だが、その向こう側には、真の豊かな生活が、きっと待ってくれているはずである。

 

 




■ブログランキングの以下のカテゴリに参加中です。応援して下さいね。


 さてさて、今日の本ブログのランキングは・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへにほんブログ村