読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代からの貧乏ながら気楽な人生

ミドルの視点から見たさまざまな問題やネタを綴ります。

Sponsored Link

[第1話]遅くとも50歳には始めるべき65歳まで生き抜くための準備


Sponsored Link

■60歳から65歳までの5年間を乗り切る必要性

高年齢者雇用安定法改正案が施行されているが、それでも65歳定年に引き上げた企業はまだ10%少々しか存在しないという。この改定案においては、60歳の定年後も希望者全員を雇用することを企業に義務づけるものだが、実際には、定年後に希望しても、嘱託社員として低賃金で再雇用している企業がほとんどだ。

今後の政府の対応にもよるだろうが、仮に嘱託社員としての再雇用の場合、管理職を解かれ、これまでの部下に指示されながら働き続けなければならないといった事態も考えられる。しかも、時給900円程度であり、残業などもなくなるだろうから、月収は手取り13万円程度となる。

それでも年金と併せて生きていくことができれば、何とか食いつなぐことはできるだろうが、今後は年金の受給年齢が年々あがっていくので、現状、少なくとも65歳までは、自分で生き抜く必要がある。ちなみに現在55歳の方が年金を受け取れる年齢は65歳となる。つまり、60歳で職を失われてしまっては、65歳までの5年間、自力で生き抜いていく必要があるわけである。

仮に退職金が入り、それが2000万円程度あるのであれば、それを取り崩しながら生き抜く道もあるが、それでも65歳までの生活において、折角の退職金が目減りしていくわけだから、65歳以降の生活にも、影響が出ることになることは避けがたい。

薄給であったとしても、嘱託社員として雇用されるのであれば、まだマシな方かもしれない。というのも、60歳になってまともな働き口は皆無と言えるからだ。仕事がなく収入を得られる手段がないとなると、貯金で食いつなぐか、もしくは何らかの収入源を作り出しておくかしか道がない。

ということで、60歳から65歳までの5年間の過ごし方は、今後さらに大きな課題となっていくことが予想される。また、なんら対策をとることができぬまま、60歳を迎えてしまうと、5年間を生き抜くことができず、老後破産に追い込まれるリスクさえある。

さてさて、困った。この空白の5年間は、現在40代50代の方々は、少し慎重に考えておく必要がありそうである。ということで、今回は定年後に老後破産をすることなく、無事65歳までたどり着くための方法を考えてみようと思う。

f:id:freedomlife:20150930032310j:plain

■60歳から65歳までの5年間はやはりお金

60歳から65歳までの5年間を乗り切るために必要なのは、やはりお金である。60歳といえば、子供は既に成人しているはずだから、夫婦二人で生きていくことができればよい。ただし、住宅ローンを65歳まで払い続けなければならないとなると、少々話がやっかいになる。もし、65歳までローンの支払いがあるのであれば、是非とも前倒し返済を行い、60歳の段階で支払いが完済するように頑張る必要がある。60歳で職を失い、生活が困窮する中で、住宅ローンを支払うことは、至難の業だからだ。

さて、ローンや目立った借金がないのであれば、二人で月20万円もあれば何とか暮らしていくことができることだろう。しかし60歳で仕事を探しても20万円を稼ぐことができる仕事に就くことはまずできない。ただし、月5万程度であれば、頑張れば稼ぎ出すことは可能かもしれない。5万程度であれば、スポット的な仕事を受けることでも稼ぎ出せるからだ。

ということで、月あと15万円という事になる。つまり、年間180万円。5年で900万円を、60歳の段階で手にしている必要があることになる。まあ、退職金などで充当するというのであれば、それはそれだが、先にもふれたように、退職金を第二の人生の前にすり減らすのはあまり感心できない。また、そもそも退職金などないという方も少なくないことだろう。

つまり、60歳になるまでの間に、おおよお1千万円の貯蓄をなんとかしておく必要がありそうである。また、60歳を超えて働きたくないという方の場合は、20万円x12ヶ月x5年なので、1200万円を手にし、定年を迎える必要がある。これは、50歳から月10万円を貯金することで、60歳までに到達することができる額といえる。

・・・と、計算をすることは容易いが、これを実際にやるとなると、かなりの無理があることだろう。なぜなら、定年前の10年間とは、子供たちの教育費に最もお金がかかる時期であり、一般家庭において、それだけの余力を捻出することは、とても困難なことだからである。

・・・つづく

 




■ブログランキングの以下のカテゴリに参加中です。応援して下さいね。


 さてさて、今日の本ブログのランキングは・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへにほんブログ村