50代からの貧乏ながら気楽な人生

ミドルの視点から見たさまざまな問題やネタを綴ります。

Sponsored Link

「ネットってマジで儲かるのかよ」を考える


Sponsored Link


■ネットで儲けることができればラッキーではあるが

55歳高卒ほぼプー太郎男からすれば、ネットで儲かるんだったらそれくらいラッキーな話はない。もともとこの歳になって、若い坊やのバイトの先輩に「なにやってんすか。しっかりしろよ」なんて指示されたくはないし、そもそもパワフルに働く気力や忍耐力が消失してしまっている。だから、ネットからお金がわいてくるのなら、それはそれでとてつもなく魅力的な話になる。

収入があれば、仕事探しなんかしなくていいし、そもそも毎朝早く起きて仕事にいく必要もない。このままプー太郎を続けつつ、生きていけるではないか。と、そう考えた俺は、いろいろと調べてみたりするわけだ。

すると、いるんだなあ。ネットで儲けている人間って。でも、そんなに簡単には儲けることができないってことは、すぐに察しがつく。

でもこれ、当然といえば当然なんだよな。ネットで儲けるといったってビジネスはビジネスだからね。簡単なんてことは絶対にありえない。でも、インターネットの出現によって、それまでにはありえなかった飛躍を手にすることになった人間も実際に存在することは確かだ。

たとえば、自分の趣味程度の気持ちでホームページを開設した青年が、それからわずか10年程度で、会社を株式上場させてしまうなんてことが実際に起こったりする。また、起業してからわずか2年で年商が5億を超えるビジネスに育て上げた人間もいたりする。これらは、インターネットの存在なしにはありえない。

インターネットには、それほどまでの可能性をはらんでいるわけだ。

f:id:freedomlife:20150316035249j:plain


■ビジネスはすぐには儲からない事実

でも、だからこそ誤解しやすいというのも頷ける。あたかも打出の小槌のようにインターネットをとらえ、起業し、そして失敗して退出していく人間の多さが、それを如実に物語る。

どんなビジネスであれ、まぐれ当たり以外、ビジネスはすぐには儲かることはない。どのようなビジネスであれ、起業してから半年や1年は、利益は愚か、自分の生活さえもまかなうことはできない。しかしそれでいてやることは山のようにあるから、朝から晩まで働き続ける必要がある。

これはたぶんネットビジネスも同様だろうと思う。日々必死に動く必要性、それでいながら、なかなか収益をあげることができないジレンマ。当初はほぼ確実にこの狭間での苦悩が待っているはずである。

そして。たぶんは80%の人間が、ここで折れる。闇に向かって1年も叫びつづけるなんてこと、通常の人間にはできるはずがない。ほぼ確実に心が折れてしまうだろう。また、忍耐力のある人間は、それでもなんとか仕事を続けようとする。しかし次第に資金的に苦しくなってくる。借金も増えていく。これ以上は破綻を招くということで、ここで10%程度の人間が退出を余儀なくされる。

また、それでも頑張る人間の中にもまだ壁はある。それは、試行錯誤ができず、ただ闇雲に走るだけの人間だ。ビジネスはパワーだけで拡大できるものではない。常に考え、もう一歩先へと歩みをすすめるための道を探し続ける必要がある。ところが、これができないといずれは、次の一歩を踏み出す機会を見失う。動けなくなるわけだ。

さて、ここで5%が脱落するとすると、残りは5%だ。この人間が、なんとか生活をすることができるようになる。また、ある人間は飛躍的な拡大を手にすることになる。

ネットビジネスには、誰もが始めることができる手軽さがある。でも、そこが落とし穴となる。そしてこの落とし穴を逃れる人間は、わずか5%程度と考えて間違いはないはずである。なぜなら、それは、一般的なビジネスにおいて、起業し、生き残り、もしくは、拡大を続けることができるパーセンテージにほぼ等しいからである。

【以下の記事も読まれています】

年金がほとんどないと将来を心配されている方へ

若い頃に2つの特技を持っておく価値を55歳が語る

デジタルの考え方が実はとても凄いという話

 




■ブログランキングの以下のカテゴリに参加中です。応援して下さいね。


 さてさて、今日の本ブログのランキングは・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへにほんブログ村