50代からの貧乏ながら気楽な人生

ミドルの視点から見たさまざまな問題やネタを綴ります。

Sponsored Link

定年後に持っていなければならないものとは


Sponsored Link


■老後の姿が見え始める50代

若い頃にはまったく考えることがなかったが、55歳にもなると、老後の姿が鮮明に見え始めたりするものだ。また、定年を迎えた人々の様子も、よく目につくようになる。つまり、自分とだぶるわけだ。

先日も、安飲み屋で65歳の人と酒をのんだが、話にまったく違和感やギャップがなく酒がのめることに気づいた。若者から見れば、65歳なんてきっとじいさんもいい所だと思う。でも、俺からすると違和感を感じることのない飲み友達であり、俺も歳をとったと認識せざるを得ない。

でもいっておくけど、矢沢永吉さんは65歳だからね。つまり俺はE.Yazawaよりも10歳も若い小僧ってことです。まあ、そういうことです。

さて、この年齢になると見え始めるリタイアメント後の人生だが、この年代に絶対に持っていなければならないものに、俺はいま気づき始めている。

これって何だと思いますか?

f:id:freedomlife:20150316031432j:plain


■「日々やること」を用意しておく必要性

まあ、まずはカネなんだろうけど、それはさておいて、おカネ以外に必要なもの。それは、何でもよいので「日々やること」を用意しておくことである。

これをまっとうな人生を送っている同年代の友人に語ったら、「そんなものは持ってるさ。ていうか、これまで忙しかったのでやりたいことは山ほどある。暇になることはないと思うよ」と胸をはる。でも、実際にリタイアした人のその後の人生を俺はよく知っている。

定年後、半年から1年は、皆充実した時を送る。ある人は旅行へ、また、ある人は釣り三昧だ。でも、この程度の遊びは、1年もしないうちに飽きてしまう。

問題はその後だ。その後の死ぬまで続く長い時間である。

いつも自宅でぶらぶらとしていると、次第に奥さんはそれを不満に思うはずである。これまでは、仕事に出て夜に帰ってくるから、奥さんは昼間は夫の面倒まで見る必要がなかった。しかし夫が定年した以降はフルタイム、顔を付き合わせなければならない。しかしこれ、結構な負担になるようだ。

そこでやむなく朝起きると、カフェなどにひとりで足を運ぶことになる。しかしそこでやることもないので、ひとり椅子にすわってボーッとする。そしてこの繰り返しとなるわけだ。これまで思い描いてきた老後の素晴らしき第二の人生が、カフェでひとりボーッとするだけではあまりに寂しい。

だからこそ必要なのだ。長期的な視点に立った「日々やること」を持つことがだ。

たとえば、60歳から10年、20年を必要とする何かをしっかりと考えることだ。これは、趣味でもよいし実際に何かのビジネスを成し遂げることでもよいと思う。自分なりに没頭できる何か。これさえあれば、それを中心に日々を過ごすことができる。そして、空いた時間に旅にでかけたり、釣り三昧を楽しむという余暇があればベストである。

これまでは、仕事をしなければならなかったから、俺のような不埒な人間以外は、十分な自由時間を得ることができなかったはずである。しかしだからこそ、たまの休みが待ち遠しく、楽しみなのだ。

しかし、フルタイムのフリータイムは、意外に厳しいものがある。日々、刺激のない時間が永遠に続くのだ。これ、実際に体験してみればお分かりになると思うが、結構苦痛である。

だからこそ長期的な計画をしっかりと立て、その上でリタイアメントすることを、強くお勧めする。リタイアはしていない(できない)が、プー太郎同然の俺がいうのだから間違いはない。・・・はずである。

【以下の記事も読まれています】

「ワンオペ」から読み取ることができる経営者の意識

近未来に到来するかもしれないシンギュラリティ

俺の場合の40代と50代の心の変化を語ります

 




■ブログランキングの以下のカテゴリに参加中です。応援して下さいね。


 さてさて、今日の本ブログのランキングは・・・

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへにほんブログ村